FC2ブログ
topimage

2020-08

養女に行って1年 - 2010.07.27 Tue

3年前の5月に、義母と我が家に来た柴犬のラブでしたが、
義母の具合が悪くなり、他に室内犬2匹と猫が2匹いたため
面倒が見切れなくなり、かわいそうでしたが昨年の7月に養女に出すことにしました。
妻がネットで里親募集をすると、すぐに欲しいという電話がありました。
7歳にもなっているし、なつくかどうかわからないので里親が見つかるか心配していましたが
こんなにすぐに反応があるとは、すごいなあと思う反面
どんな人なんだろうかと心配で、かわいがってくれそうもない人なら断ろうと
まずはラブを見に来ていただいて、その時のラブのなつき具合などで
判断しようと妻と決めていました。

s-ラブ1(福山0808)

里親来訪の当日は、朝からどんな人なんだろうかと心配で、そわそわしていました。
前日には愛情をこめてしっかりと洗ってやりました。
シャンプーの香りのするきれいなラブになっていました。よく見ると美人だったんだね。
約束の10時過ぎにラブに会いにご夫婦が来られました。
ラブは意外にもご夫婦が気に入ったみたいで、ご夫婦が近寄ってきて
ラブをなでても文句を言いませんでした。
またご夫婦も大変気に入ったご様子で、ぜひ連れて帰りたいということでした。
しかも、ご夫婦も我々の心配を予想しておられたようで、ご主人は国立大学(教授)を
今年退官されたこと、奥様は薬剤師をしておられること、以前飼っていた柴犬が死んで
さびしかったためまた柴犬が飼いたいと思われたこと、しかも室内で飼われるということで
マンションの説明(パンフレット持参)をお聞きして今より幸せになれそうだと確信しました。
最後に、本当になつくか心配でしたので、近くの公園にご夫婦にリードを持ってもらい
我々夫婦と一緒に散歩に行ってもらいました。
これも杞憂でなんの心配もなく、ラブは楽しそうに歩いていました。
いよいよご夫婦の車のドアが開き、ラブに中へ入れとお尻を押すと
いやがりもせずスッと乗り込んだので、我々はびっくりしましたが
良い人でよかったと喜ぶと同時にさびしい別れでもありました。
救われるのは、間違いなくウチにいたときよりも幸せになれそうということでした。

その後ご夫婦から、ラブのベランダでいたずらしているところ、ベッドで寝ているところ
などの写真を送っていただき、我が家の事情で養女に出したという心の葛藤もありましたが
かわいがっていただいている様子に安心しました。

今は、ラブから駒子と改名し、朝夕の散歩でも評判の美人として駒子は鼻高々で
歩いているそうです。 



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

今日のランチはかんでかんで «  | BLOG TOP |  » 夏だ!太陽だ!向日葵だ!

プロフィール

miyupapa

Author:miyupapa
パパ大好きの甘えんぼ三毛猫「ミユ」と、ちょっとお転婆でくいしんぼなミニチュアダックスの「もも」。さらに わがままお嬢のパピヨン「さくら」達とのお出かけや旅、グルメ、日常の出来事などを イージーライフで気軽に気ままに紹介しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

猫、犬、旅、グルメ、日常の出来事 (249)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR