FC2ブログ
topimage

2020-08

春の風物詩、いかなごの釘煮 - 2012.03.21 Wed

義父の7回忌法要のために広島の方へ戻ってきましたので、ブログアップが遅くなりました。
戻るたびに思うのですが、ここのお寺の内部は彫ものも金箔が多用してありなかなかきれいだなあと
前々から思っていましたので 今回はコンデジ持参で撮影してきました。
s-bt 035

ご院さんから、宗祖親鸞聖人750回御遠忌の話や真宗大谷派の総本山である東本願寺が蛤御門の変で焼失
(どんど焼き)した話やその修復のために大工などを運ぶのにJR京都駅が今の場所に移転してきた話など
興味深い話を伺いました。
1602年に家康から烏丸六条の地の寄進を受けて東本願寺を建立したそうですが、
かっては大変な権勢を誇っていたんでしょうね。
勿論いまも東本願寺派のお寺は毎年冥加金を奉納しています。
その奉納する冥加金は我々檀家が納めています。 まあ、いわゆる上納金システムですね。
どんな世界でも下から上への吸い上げがあるんですねえ。

さて、我が家のももとさくらですが…、
s-bt 023

昼間は妻の実家で我々がお寺へ行っている間お留守番をしてくれていましたので、夜は留守番疲れか
早々に寝ていましたよ。 何をするにも一生懸命のもも、勿論寝る時も…ホントに一生懸命寝ています。
s-bt 034

留守の間、ももはみんなどこに行ったのと「ワンワン」と言っていたようです。(そりゃ疲れるわ!)
でも、寝静まるとベッドの中へごそごそと入ってくるももでした。
今度は、パパとママが寝られない…。じっとして寝てくれないかな?
とにかくいつもみんなの近くにいたいももです。

神戸に戻ると…、春の風物詩である「いかなごの新子」を妻が親戚や友達にもあげるからと言って
たくさん買ってきて「いかなごのくぎ煮」を作りました。
いかなごの新子はこのあたりの播磨灘や鹿の瀬辺りでしか獲れないこともあり、
なんでも「いかなごの釘煮」は垂水が発祥の地とのことで、神戸や明石近辺でしか作らないようです。
アツアツご飯に載せて食べると他のおかずがいらないくらいおいしくて何杯でもご飯が食べられますよ。
s-bu 140

毎日、昼夜と食べていますが、今のところまだ飽きませんね。
こういうものがうまいと感じるのは歳のせいもあるのかも・・・?
s-bu 141
スポンサーサイト



● COMMENT ●

法要お疲れ様です。

ももちゃん、寝顔が可愛いぃね~♪
横でそのまま寝たくなる(笑)

いかなごの釘煮って、食べらことありません。
小魚は体にいいので、食べなきゃっておもって、、、食べてません。
自分で煮たりできたら、食べるのかなぁ><;

Re: Re: タイトルなし

> ママ犬様
>
> ももは寝る時も一生懸命寝ます。
> 何事も一生懸命なので、その点はかわいいし感心です。
> また、ももは毛が柔らかいので、抱っこしたり撫でたりすると心が安らぎますね。
> 我が家のセラピー犬?
> いやいや、食べ物が絡むと強奪犬に早変わりですから
> ジキル博士とハイド氏のように二重犬格かな…。
>
> いかなごの釘煮って、他県の方はあまり食べたことはないかもですね。
> 新子なのでカルシウムがたくさんあるとは言えませんが、
> まあ、カラダにはいいのかな。 しょうゆやザラメなども入ってますから
> 食べすぎはよくないと思います。
> でも、デパートで買うと結構高いんですよ。
>
> 北海道もまだ雪が降ったり、今年の寒さはしつこいですね。
> 早く雪解けが来てリンタンのお散歩が楽になるといいですね。


管理者にだけ表示を許可する

春風に黄色の波がゆらめく «  | BLOG TOP |  » 花まつりと神戸散策

プロフィール

miyupapa

Author:miyupapa
パパ大好きの甘えんぼ三毛猫「ミユ」と、ちょっとお転婆でくいしんぼなミニチュアダックスの「もも」。さらに わがままお嬢のパピヨン「さくら」達とのお出かけや旅、グルメ、日常の出来事などを イージーライフで気軽に気ままに紹介しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

猫、犬、旅、グルメ、日常の出来事 (249)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR